Tokyo Metro to go public as Japan seeks to reap benefits of soaring stock market – Blogdogesso.com

277208

日本の首都の地下鉄システムの大部分を運営している東京メトロは、来会計年度に株式公開を計画している。これは、34年ぶりの最高値に達した好調な株式市場を利用しようとする日本による大規模な民営化の取り組みである。

同社は国が53.4%、残りを東京都が出資しており、4月から始まる年度に上場する。

株式公開計画を定めた2022年の政府文書によると、同社の半分は売却される予定で、各国政府は株式の半分を売却する計画だという。

金曜日に発表された文書によると、東京都は来年度予算に株式売却関連費用として35億7000万円(2420万ドル)を計上した。

東京都当局者によると、この予算は引受手数料に充てられるという。

東京都の小池百合子知事は記者団に対し「具体的な内容については今後関係者と協議していく」と述べ、上場時期についてはコメントを控えた。

中央政府は、その一部の売却益を2011年の福島地震からの復興活動の資金として使用する予定だ。

195キロメートルの線路網で1日平均595万人の乗客を運ぶこの鉄道会社は、4~9月期に売上高404億円に対し純利益242億円を計上した。

政府は2022年、地下鉄のIPOを主導する証券会社5社(野村、みずほ、三菱UFJモルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ)を選出した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより延期となっております。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.