Tales of a Closed Country: Part 3 – Blogdogesso.com

265538

「平和は松のように変わらぬままに君臨する」と江戸時代(1603~1868年)の小説家・井原西鶴(1642~93年)は書いた――そして、それは400年間続いた戦争の後の平和ではあったが、休むことのない、熱狂的な平和だった。 。 「欲望が支配する」と彼は書いた方が良かったかもしれないが、欲望は変化するものである。 それは江戸を浮世(浮世)にし、古代仏教の悲しく諦念したはかなさの感覚を取り除いた。 はかなさ、そう、人生は夢であり、シャボン玉だった。しかし、悲しくも諦めもしていなかった。 それどころか、熱心で、執拗で、不注意で、無謀で、死に至るまで狂喜しています。

Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.