Rugby in denial over concussion problem, author Sam Peters says – Blogdogesso.com

269746

サム・ピータースは、ラグビーライターという夢の仕事をしていたが、ラグビーの脳震盪問題への関心が否定と曖昧さの壁にぶつかり、調査記者に変身し、しばしば孤独で中傷され、答えを求める声を上げた。

現在、ウィリアムヒル・スポーツ・ブック・オブ・ザ・イヤー賞の最終候補となった著書『Concussed: Sport’s Uncomfortable Truth』の出版により、ピーターズは歴史の正しい側にいるように見える。

この本にはサッカーにおける度重なるヘディングの被害に関するセクションも含まれているが、主にラグビーに関するもので、ピーターズ氏は英国のメール・オン・サンデーの仕事でプレーし、観戦し、報道したスポーツである。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.