Nuclear emergency guidelines to be reviewed after Noto quake – Blogdogesso.com

278692

能登半島を襲った1月1日の地震で、地元住民が避難する際に利用する志賀原発周辺の道路が大きな被害を受けたことを受け、原子力規制委員会は避難指針を見直すことになった。

マグニチュード7.6の地震でも多くの建物が被害を受け、一部地域は1週間以上立ち入りができなくなった。

石川県志賀市福良港地区の避難所に滞在する住民は「何かあったら見捨てられるかもしれない」と語った。 避難所は原発から約1キロ北にある。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.