Kyoto Animation arsonist files appeal against death sentence – Blogdogesso.com

277181

アニメスタジオで36人を殺害した放火事件で死刑判決を受けた日本人男性が、金曜日に判決を不服として控訴したと裁判所が明らかにした。

青葉真司被告(45)は木曜日、2019年に京都アニメーションのスタジオで起きた放火事件(ここ数十年で日本最大の凶悪事件)で有罪判決を受けた。

彼の弁護士は彼が精神障害を患っているとして無罪を主張したが、裁判官はこれを却下した。

京都地方裁判所の広報担当者によると、金曜日、彼の弁護団は判決に対して控訴した。

日本は死刑制度がある数少ない先進国の一つであり、死刑に対する国民の支持も高い。 12月の時点で107人が死刑囚となっている。

2019年7月の火災で死亡した人の多くは若者で、その中には21歳の女性も含まれていた。

生存者によると、襲撃当日、青葉容疑者は午前中に建物に侵入し、1階にガソリンをまき散らし、火をつけて「死ね」と叫んだという。

増田啓介裁判長は判決文で、被害者らは「瞬く間に火と煙に包まれ、スタジオは一瞬にして地獄と化して苦しみながら亡くなった」と述べた。

裁判官は「人を犠牲にすることは実に残酷で非人道的だ」と付け加えた。

青葉さん自身も体の90%に火傷を負ったが、火災から数週間後にようやく意識を取り戻し、話すことができるようになったのはその後だった。

青葉容疑者は、ファンの間では「京アニ」として知られるスタジオが彼のアイデアを盗んだと信じていたと検察当局は述べたが、同社はこの主張を否定した。

屋上に続く螺旋階段で多数の犠牲者が発見され、必死に逃げようとして圧倒されたことを示唆している。 他に30人以上が負傷した。

消防士らはこの事件を「前例のない」出来事だとし、中に閉じ込められた人々の救出は「極めて困難」だったと述べた。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.