Japan’s Takagi wins second straight 1,000 meter season title – Blogdogesso.com

278663

金曜日、スピードスケートワールドカップ女子1000メートルで日本の高木美帆が2年連続の総合優勝に輝いた。

シーズン最終戦の初日、高木は1分14秒19でラインを通過し、2位のフェムケ・コックのオランダ人ペアを0.88秒差、イザベル・グレベルトを1.53秒差で破り、今大会4度目となる1,000金メダルを獲得した。

高木選手は「1000レースのスタートで加速する感覚を掴み始めている」と語った。

高木選手はすでに1500メートルで3連覇を達成しており、現在は2月15日から始まる世界単距離選手権に集中している。

「シーズンチャンピオンシップを獲得できてうれしいですが、今は次の目標に向けて積み上げていくところです。そこで頂点を目指したいと思います。」

同胞の新浜達也選手は男子1,000メートルで、世界記録保持者のジョーダン・ストルツ選手(米国)に0.38秒差の1分08秒34で2位となり、自己最高成績に並んだ。 3位は中国の寧仲燕選手。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.