Japan’s passport denial for ex-captive journalist ruled illegal – Blogdogesso.com

277137

東京地方裁判所は、シリア入国後に拘束されたジャーナリストの安田純平氏に対する政府がパスポートの再発行を拒否したのは違法であるとの判決を下した。

木曜に出された判決で、品田幸雄裁判長は、政府による安田さんへの新規旅券発給拒否は政府の裁量権の濫用で違法であるとして取り消した。

訴訟を起こしたフリージャーナリストの安田さん(49)は、2015年に取材のためトルコからシリアに入国後、武装勢力に約3年4カ月間拘束された。

帰国後の2019年1月にパスポートの再発行を申請したが、外務省はトルコへの5年間の入国禁止を理由に申請を却下した。

品田氏は「海外旅行の自由は基本的人権だ」と述べ、合理的かつ避けられない制限のみが受け入れられると付け加えた。

同省は旅券法の規定に基づき、安田氏の新たな旅券の発給申請を拒否した。 裁判官は、この規定の目的は、日本と日本人に対する入国禁止措置をとっている国々との間の信頼関係を維持することであると述べた。

品田氏は、安田氏がトルコとその周辺国以外の国を訪問したとしても、日本とトルコの信頼関係は損なわれないと結論づけた。

安田氏は記者会見で「拒否の解除は喜ばしいことだと思うが、(政府が)裁量で何でもできるのは問題だ」と語った。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.