JAL to preserve part of aircraft from Haneda Airport collision – Blogdogesso.com

273969

日本航空は、社内の安全意識を高めるため、先週東京の羽田空港で海上保安庁の航空機と衝突して燃えたジェット旅客機の一部を、この死亡事故を思い出させるために保存することを検討していると、JAL関係者が水曜日に明らかにした。

空港の滑走路での衝突では、沿岸警備隊のボンバルディアDHC8-300型機に乗っていた6人のうち5人が死亡、機長も重傷を負ったが、日航エアバスA350-900型機の乗客乗員379人全員はなんとか脱出した。

同関係者によると、運送会社は運輸安全委員会と警視庁の捜査の推移を見て、残骸の一部を保管するかどうかを正式に決定する予定だという。

たとえJALが保存を決定したとしても、甚大な被害と高額な保管コストを考慮すると、同社は機体の残骸の一部のみを保存する可能性が高い。

JALは、520人の命が失われた史上最悪の単独航空機事故である1985年の墜落事故の航空機の一部と所持品を東京の自社施設で展示していることで知られている。

今回の墜落事故による残骸は日曜日に滑走路から撤去され、現在は空港にある航空会社の施設に保管されている。

衝突事故は1月2日午後5時47分、日本で最も混雑する空港で発生し、JAL機の乗客全員は午後6時5分までに避難した。

乗客乗員全員の脱出は広く称賛され、一部の海外メディアは「奇跡」と評した。 その後、航空機は炎に包まれた。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.