Ishikawa quake triggered by faults that were dormant for 4,000 years – Blogdogesso.com

273764

元旦に発生したマグニチュード7.6の地震は、石川県能登半島沖で3000~4000年眠っていた活断層の動きによって引き起こされたと日本の専門家が発表した。

研究者らは火曜日に東北大学が主催したシンポジウムで、能登半島と日本海の活断層帯の滑りが、日本の最大レベルである震度7を記録した大きな揺れの説明になったと語った。その直後に海岸を襲った津波として。

同大学の地震学者、戸田真二氏は「一つ一つの活断層は短いが、その群が100キロ以上に及ぶ帯を形成している」と語る。 「活断層は半島の真下にあり、しかも海中にあるため、地面に強い揺れと大津波を引き起こします。」


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.