How a new flock of bird-watchers is contributing to science – Blogdogesso.com

279724

“殺人!” 島田良治は叫ぶ。

寒い日曜日の朝、私たちは東京の江戸川区にある葛西臨海公園にいます。 双眼鏡を首にぶら下げ、間違って選んだ重い革靴が地面に固まりながら、私は急いで駆け寄りました。 島田が草の上に乱雑に散らばった羽根の中から羽根を拾い上げながら、羽根ペンが折れていない様子を見せてくれたので、犯人はタヌキではなさそうである。 むしろ、別の鳥である可能性が高いです。

鳥類の暗殺者は、残忍なむしり取られた羽の残骸を残しましたが、遺体はありませんでしたが、それはまた別の日に謎に包まれます。

バードウォッチング(鳥の声を聞くことも含まれるため、バードウォッチングと呼ぶ人もいます)は、最初に想像するよりもスリリングで、探偵の仕事に似ています。 単なる社会活動ではなく、鳥の行動をマッピングし、政策や保護の取り組みへの道を開く上で、ますます重要な役割を果たしています。

「鳥を観察し、その生態や背景を想像すると、鳥の周囲の変化に気づき、より豊かな体験になります。『なぜ、いつも見ていた鳥が減ったのか、なぜ増えたのか』 「前に見たことのない鳥?」と島田さんは言います。

日本野鳥の会の会員は、靴下、キーホルダー、動物の装飾が施されたバッジなどですぐにわかります。 バードウォッチャーはまた、目撃記録のために鳥のチェックリストを持ち歩く傾向があります。 各遠征の終わりにはメモが交換され、さまざまな種類の鳥のパターンの詳細を記した雑誌にまとめられ、複雑な手描きのイラストが添えられます。

2月4日早朝、東京都江戸川区の葛西臨海公園に野鳥観察者のグループが集まった。

2月4日早朝、東京都江戸川区の葛西臨海公園に野鳥観察者のグループが集まる。 エリザベス・ビーティ

日本鳥類研究協会によると、研究者が不足しているため、貴重なデータを収集する上で愛好家が重要な役割を果たしているという。

グループに加わると、定期的に双眼鏡を顔に向け、あごを傾けて空を探すリズムに飲み込まれるのにそれほど時間はかかりません。 珍しい鳥を突然目撃すると、グループ全体に熱狂が起こります。珍しい鳥については、まるで有名人のように話されます。

鳥に気づき始めると、暗号に従うようなものですが、目に見えないところに隠されています。 彼らの突然の動きはあなたの目を引き、彼らの特徴的な鳴き声は他の背景音を上回って際立ってきます。

鳥たちの生き生きとした繊細な体を双眼鏡で眺めていると、長い間近視になった後にメガネをかけて、初めて本当に何かが見えたような気分になります。 ハートのような模様を描く羽を持つ鳥もいれば、日本の神社の門のようなオレンジ色の羽を持つ鳥もいます。そして、最も地味な体でさえ精巧に作られており、繊細な機械の生き物のようにぴくぴく動きます。

「友人は、鳥を眺めるのは向こうの世界を眺めるようなものだと言います」と島田さんは言います。

裏庭とその先へ

多くの海外の人々と同様、日本人も長い間、隣人である鳥類に興味を持ってきました。初期の俳句の中には鳥の鳴き声を描写したものもありますが、鳥類は古代アイヌ神話にも登場し、その鳴き声で人々を魅了する力を持っていると考えられている鳥もいます。

日本では、鳴き鳥の競争が流行した江戸時代(1603~1868年)に、鳥を飼うことが顕著な傾向と地位の象徴となりました。 インディアナ大学医学部の研究者小山幸子氏によると、人々は鳥に歌うよう訓練しており、一部の地域は美しい声を持つ鳥が生まれることで有名だったという。 しかし、鳥の飼育がバードウォッチングに取って代わられるまでには時間がかかりました。

日本に転機が訪れたのは 20 世紀前半で、野鳥の研究者で詩人の中西悟道が、罠をかけて殺すのではなく鳥の観察を推進したときでした。彼はこの言葉を導入した人物としても知られています。 やっちょ (野鳥)を日本語に訳します。

ここで見られるリュウキュウミニベットなどの鳥の識別に役立つ「Merlin Bird ID」などのアプリは、パンデミック中に人気が高まりました。

ここで見られるリュウキュウミニベットなどの鳥の識別に役立つ「Merlin Bird ID」などのアプリは、パンデミック中に人気が高まりました。 | 島田良二

中西氏は1934年、「野鳥を野生に」をスローガンに日本野鳥の会を設立した。 現在、会員数は 50,000 人を超え、86 の支部があり、研究が焦点の 1 つとなっています。

実際、科学者が市民から得たデータに依存しているということは、バードウォッチングが保護活動にとって重要なツールであることを意味しています。

近年、一連の新しいアプリが登場し、世界中の野鳥観察者が裏庭や山頂などから貴重な科学データを簡単に収集できるようになり、鳥の移動習慣や個体数に影響を与える環境要因の全体像が明らかになりました。

Merlin Bird ID や eBird などの鳥識別アプリは、いずれもコーネル鳥類研究所が開発したもので、パンデミック中、都市生活の音が一時的に静まりバードウォッチャーの数が増加したため、人気が高まりました。

eBird のプロジェクト リーダーの 1 人であるジェナ カーティス氏は、バードウォッチング データを利用して「大陸規模の鳥の生息数を示す週ごとの地図など、強力な保護リソース」を開発できると述べています。 しかし、これらは「データを大量に消費します。つまり、機能するには大量のデータ ポイントが必要です。」 この規模と詳細レベルでリソースを作成することは、野鳥観察者による観察がなければ不可能です」と彼女は言います。

「野鳥観察コミュニティが協力すれば、科学者や研究チームが単独で達成できるよりも多くの場所から鳥に関するより多くのデータを収集できるようになります」とカーティス氏は言う。 野鳥観察者によって収集され、eBird に送信されたデータは、世界最大のオープンアクセス生物多様性データ インフラストラクチャである Global Biodiversity Information Facility 内のすべての生物多様性データの約半分を占めています。

日本野鳥の会の会員である岡本弘子さんは、日本の野鳥観察者は目撃したことを野帳に記録し、それを自分の中に留めておく傾向があると語る。

「これらの記録は、たとえば各種の分布や個体数の変化を知るなど、日本の鳥類を理解する上で重要な情報となる可能性があります」と岡本氏は述べ、eBird Japan のようなローカライズされたアプリを使用するとユーザーがデータを入力できるため、そのデータが世界的に価値のあるものになると指摘しています。

島田良治さんは週末に野鳥観察をしており、妻と一緒に趣味を楽しんでいます。

島田良治さんは週末に野鳥観察をしており、妻と一緒に趣味を楽しんでいます。 | エリザベス・ビーティ

カナダを拠点とする生物学者で鳥類の専門家であるヴィディア・パドマクマル氏は、環境変化を説明する上で野鳥観察のデータがいかに貴重であるかを知っています。

「鳥の個体数、移動パターン、繁殖行動の変化は、気候変動、生息地の喪失、環境汚染の影響を含む、より広範な生態系の変化を示す可能性があります」とパドマクマー氏は述べ、野鳥観察者がそのような観察を記録することが多く、科学者がその影響を理解できるようになっていると指摘する。

同時に、アプリを通じて利用できる市民データの量がそれ自体の複雑さを生み出しており、科学者はより豊富なデータの結果であるパターンと、気候、汚染、居住環境の変化の結果であるパターンを区別する必要があります。

島田氏は移住パターンの変化を観察しているが、自然生息地の開発や破壊も原因である可能性があるため、変化が地球温暖化の直接の結果であると結論付けるのは危険だと考えている。 より完全なデータは、より明確な状況を描くのに役立つだろうと彼は言う。

固定観念を打ち破る

バードウォッチングは歴史的には高齢者や過度に気難しいものと関連付けられていたかもしれませんが、近年ではより「クール」になり、主流になりつつあります。

作家のマーガレット・アトウッドやジョナサン・フランゼン、ミュージシャンのジャービス・コッカーやポール・マッカートニーなど、両作品で鳥のさえずりを取り上げた著名なバードウォッチャーが、この趣味への愛を語った。 同時に、「有色人種のためのバードウォッチング集団」である Flock Together などの運動を通じて、より包括的なバードウォッチングへの取り組みも進められています。 その一方で、タトゥーを入れたパンクファンがこのジャンルの DIY 精神をバードウォッチングに応用する「バードパンク」などのサブカルチャーも台頭しています。

これは、バードウォッチングが社会経済的地位に関係なく手頃な価格でアクセスできるという事実によるものかもしれません。

必要な資格について島田氏は「特別な資格は必要ありません。必要なのは少しの好奇心だけです」と語る。

パドマクマーさんは、時間の経過とともにバードウォッチングの文化が変化し、参加する女性や若い参加者の数が増加していることを観察しており、「アクセシビリティへの幅広い変化と、この活動に関連する固定概念の打破を反映している」と彼女は言う。

科学データの収集だけでなく、鳥は私たちをより幸せにし、自然環境への投資を増やすため、バードウォッチングをより身近なものにすることも重要であると研究者らは発見した。

2月4日、葛西臨海公園で野鳥観察者が望遠鏡を使って鳥のアップ写真をスマートフォンで撮影する。

2月4日、葛西臨海公園で野鳥観察者が望遠鏡を使って鳥のクローズアップ写真をスマートフォンで撮影する。 エリザベス・ビーティ

そして、2020年の研究によると、私たちにとって良いのはバードウォッチングだけではなく、「鳥の種類の豊富さは生活の満足度にプラスの相関がある」という。

「私たちは比較的強い関係性を発見しました。これは、鳥の種類の豊富さが生活の満足度に及ぼす影響は、収入の影響と同程度である可能性があることを示しています。 …これらの結果に基づいて、この研究は、鳥と鳥を支える景観を保護するための管理行為が人間に利益をもたらすと主張している。」

島田さんは、バードウォッチングがどれほどプラスの効果をもたらし得るかを身を持って知っています。

「10 年前、私の世界は職場の 17 インチ モニターのサイズだけでした。 バードウォッチングを始めてから、私の世界はまったく違った大きさになりました」と彼は言い、鳥の渡りの旅との関わりから生まれるスケール感を語ります。 「私の心はシベリアのランゲリ島からニュージーランドのオークランドまで自由に旅します。」

しかし、バードウォッチングが島田さんの世界と社会的集団を広げたのは間違いない一方で、彼はまた、自分を幸せにしてくれる鳥たちに影響を及ぼす、より大きな問題についても懸念を感じている。

「鳥を見ていると不安にもなります。 12月に冬鳥が来なくなると、彼らの環境に重大かつ不可逆的な変化が起こったのではないかと心配になります」と彼は言い、自分自身を環境に深く配慮するより大きなバードウォッチング文化の一員だと考えていると述べた。

「鳥たちが安心して暮らせる場所を残してくださった先輩たちに敬意を表し、後輩たちにリレーのバトンを渡したい」と日本野鳥の会への積極的な参加を続ける。 、彼は影響を与えることを望んでいます。

「もちろん、それが私にとって小さな行動にすぎないことは承知していますが、私は(そのような行動が)次世代にとって大きな飛躍となることを願っています。」


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.