COP28気候変動協定提案は化石燃料時代の終わりが近づいていることを示唆– Blogdogesso.com

268971

COP28議長国は水曜日、気候変動の最悪の影響を回避するために各国に化石燃料からの移行を促す初めての気候変動に関する最終協定の文書案を発表した。

この草案は、ドバイでの会議に集まった約200カ国の総意を反映することを目的としているが、そこでは石油生産団体OPEC加盟国からの抗議を巡り、多くの政府が化石燃料時代の最終的な終焉を示す強い言葉を主張している。そしてその同盟者たち。

ノルウェーのエスペン外相は「化石燃料からの移行の必要性についてこれほど明確な文書をめぐって世界が団結するのは初めてだ。これまでは部屋の中の象だった。ようやく我々はこの問題に正面から取り組む」と述べた。バルト・エイデ。

ブラジルの気候変動担当首席交渉官アンドレ・コレア・ド・ラーゴ氏は「承認すべきだと思う」と述べた。

COP28議長国が望んでいる水曜朝遅くの最終会合に各国代表が招集されており、そこで協定を可決し、1日延長に及ぶ2週間の厳しい交渉に終止符を打つことができるだろう。

気候変動活動家らは、水曜日にドバイでCOP28協定の草案が発表されたことを受けて抗議した。

気候変動活動家らは、水曜日にドバイでCOP28協定の草案が発表されたことを受けて抗議した。 | ロイター

国連気候変動サミットで締結された協定は全会一致で可決される必要があり、その時点で各国は国家政策や投資を通じて協定を履行する責任を負います。

提案されている協定では、「科学に沿って2050年までに正味ゼロを達成するために、公正、秩序、公平な方法で、エネルギーシステムにおける化石燃料からの移行」を特に求めている。

また、2030年までに世界の再生可能エネルギー容量を3倍にし、石炭削減の取り組みを加速し、脱炭素化が難しい産業を一掃できる二酸化炭素回収・貯留などの技術を加速することも求めている。

採択されれば、世界のエネルギーの80%を占める石油、ガス、石炭からの離脱に各国が協調して取り組むことに合意したのは、過去30年間のCOP気候変動サミットで初めてとなる。 科学者らは、化石燃料が気候変動を引き起こす温室効果ガスの最大の排出源であると述べている。

ケニア気候変動特使のアリ・モハメド氏は、合意案は受け入れられると述べ、「我々の評価は、この文書を受け入れられるというものだ」と述べた。

憂慮する科学者連合の政策ディレクター、レイチェル・クリータス氏はこの提案を歓迎したが、発展途上国の化石燃料からの移行を支援するために富裕国にさらなる資金提供を約束するものではないと指摘した。

水曜日にドバイで開催される国連気候変動会議COP28の本会議に先立って、COP28の参加者らが互いに演説する。

水曜日にドバイで開催される国連気候変動会議COP28の本会議に先立って、COP28の参加者らが互いに演説する。 | ロイター

「財政と資本の規定は…非常に不十分であり、低・中所得国がクリーンエネルギーに移行し、エネルギー貧困の格差を確実に埋めるためには、今後改善されなければならない」と彼女は述べた。

OPEC反対派

提案された協定が採択されるのに十分な支持を得ることができるかどうかはすぐには明らかではなかった。

石油輸出国機構(OPEC)のハイサム・アル・ガイス事務総長は、COP28でOPEC加盟国と同盟国に宛てた12月6日付の書簡の中で、世界は化石燃料そのものではなく排出量を目標にし、石油を対象とするいかなる協定にも反対するよう結集すべきだと述べた。

OPEC諸国は合わせて世界の確認石油埋蔵量の約80%と世界の石油生産量の約3分の1を管理しており、各国政府はその収入に大きく依存している。

石油生産者らは、二酸化炭素の排出を回収して貯留できる技術を使えば、化石燃料による気候への影響を一掃できると主張してきた。 しかし、炭素回収は高価であり、まだ大規模に証明されていません。

COP28協議の交渉担当者やオブザーバーらはロイターに対し、サウジアラビアが文中の反化石燃料の文言に最も強く反対しているが、イラン、イラク、ロシアを含む他のOPECとOPECプラス加盟国も抵抗していると語った。

サウジアラビア代表団の代表はコメントの要請に応じなかった。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.