Biofuel tested for coal-fired steam locomotives in eastern Japan – Blogdogesso.com

280026

観光地日光市で石炭燃料の蒸気機関車を運営する同社は、二酸化炭素排出量を削減する方法としてバイオ燃料の試験を行っており、このような取り組みは全国初となる。

東武鉄道は、SL大樹の機関車で使用する石炭の一部を、そばのもみがら、木材チップ、コーヒー粕などから作るバイオコークスに一部置き換える試験を1月31日から約1年間を予定して開始したと発表した。

バイオコークは、同社の Taiju エンジン 3 基のボイラー圧力を一定に保つために、毎年燃焼される石炭 160 トンの約 40% を置き換える予定だという。

同社は、年間約150トンの排出量を削減できると見込んでおり、これは約50世帯が排出する量と同じであると述べた。

SL大樹は2017年から栃木県日光市の鬼怒川温泉街で運行されており、運行会社によると約49万人の乗客を集めている。

同社は試験の一環として、同じルートでディーゼル駆動のDL大樹列車を運行するために使用済み食用油から作られたバイオディーゼル燃料も使用しており、年間約2.5トンの排出量を削減することを期待していると同社は述べた。

東武鉄道の手塚久志担当者は「今後も石炭の使用量削減を検討し、持続的な成長を目指したい」と話す。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.