Asian American officials cite unfair treatment in China tensions – Blogdogesso.com

272301

トーマス・ウォン氏がこの夏、新たな外交任務のため北京の米国大使館に足を踏み入れたとき、諜報上の脅威と認識された国務省と長年にわたって闘ってきたトーマス・ウォン氏自身の正当性が証明された。

10年以上前に同氏が外務省に入隊した際、外交保安官は同氏に中国での勤務を禁止すると通告していた。 同氏は書簡の中で、彼らが不当な「外国人優遇」の漠然とした可能性を誤って引用し、同氏が「外国の影響」を受けやすい可能性があると示唆したと述べた。

ウォン氏は、自分が最大の影響力を発揮できるのは中国だと考えて米国外交官になった。 彼は中国語を話す家庭で育ち、中国に留学しました。 そして、バルカン半島への陸軍遠征を経験したウエストポイント大学の卒業生として、米国最大の軍事的、経済的ライバルとの関係をうまく乗り切る上で貴重な経験を積んでいると考えた。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.