選挙前に台湾海峡を通過する中国の気球を発見– Blogdogesso.com

268266

台湾国防省によると、自治民主主義国家が1月13日の総統選挙に向かう中、木曜日、中国の気球が台湾海峡の中間線を越えるのが発見された。

台湾の邱国成国防相は金曜日、気象監視気球の可能性があると述べた。 この島の領有権を主張する中国政府は、選挙に先立って台北に対する軍事的圧力を強めており、同国の航空機や船舶は近年、数十年にわたり双方が尊重してきた境界線を無視している。

同省は声明で、気球は木曜正午ごろ、台湾北部の港湾都市基隆の南西187キロ、高度約6,400メートルで発見され、その後東へ向かい、その後消息を絶ったと発表した。

中国外務省の汪文斌報道官は金曜日の記者会見で、「この件については承知しておらず、これは外交問題ではない」と述べ、台湾は中国の一部であるという中国政府の立場を強調した。

台湾の総統選挙では、与党・民進党の副総統に指名された頼清徳氏と、最大野党・国民党の侯瑜煕氏、第2位野党・台湾人民党の柯文哲氏が争うことになる。

国民党として知られる主要野党とTPPはいずれも中国との対話に賛成しており、中国は民進党の黎氏を「分離主義者」で「トラブルメーカー」と非難している。

中国本土と台湾は内戦の結果、1949年に分裂して以来、別々に統治されてきた。 中国政府は必要に応じて武力でもこの島を自国の支配下に置こうとしている。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.