米国の大学銃乱射事件で日本人准教授死亡– Blogdogesso.com

268287

在サンフランシスコ日本国総領事館は金曜日、ネバダ大学ラスベガス校で今週初めにガンマンに射殺された教員3人のうちの1人が60代の日本人女性だったと発表した。

水曜日に襲撃が起きた大学は、女性が日本語研究准教授の武丸直子であることを特定した。

同大学によると、武丸氏は同大学の日本研究プログラム全体の監督を担当し、あらゆるレベルの学生を教えていたという。 同紙は木曜日、他に殺害された2人は経営情報システム教授のチャジャン・“ジェリー”・チャン氏と会計学のパトリシア・ナバロ助教授だったと発表した。

別の教員は依然として入院しているという。 67歳のガンマン、アンソニー・ポリトは大学の外で衝突した後、警察との銃撃戦で死亡した。

同大学のキース・ホイットフィールド学長は金曜日の声明で、殺害された3人のうちの1人が武丸さんであることを認めた。 同氏は彼女の死を悼み、彼女は「著名な学者、作家、受賞歴のある教育者で、つい最近(大学の)教員として20周年を迎えた」と述べた。

日本総領事館関係者は武丸さんの詳細については明らかにしていないが、「支援を提供するために家族や関係者に連絡する」と述べた。

ジョー・バイデン米大統領は金曜日、ラスベガスのイベントで銃乱射事件の犠牲者を追悼し、「これは正常なことではなく、これを常態化させることはできない」と述べた。 同氏は議会に対し、より厳しい銃規制を制定するよう求めた。

地元警察によると、元教授のポリトさんはネバダ州の高等教育機関の職に応募したが、毎回拒否されていた。 約10分間続いた暴行の動機は現在も捜査中だという。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.