日本、排出削減における「ブルーカーボン」量を算出へ– Blogdogesso.com

268326

日本政府は、温室効果ガスの排出削減量として、海草や海草が吸収する二酸化炭素「ブルーカーボン」の量を算出する予定だ。

この計画は、土曜日にドバイで開催された国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)の閣僚会議で、日本の伊藤慎太郎環境大臣によって明らかにされた。

日本は温室効果ガス排出量を2030年度に2013年度比で46%削減し、2050年までに実質ゼロにすることを目指している。目標達成に向けて、樹木や海草などによる炭素吸収量を炭素数としてカウントする制度の導入が検討されている。排出量の削減。

日本は国連への2022年度の温室効果ガス排出・吸収報告書にブルーカーボン量を含める。 これは世界初の取り組みとなる。

日本を含む主要国は毎年4月までに報告書を提出することが義務付けられている。

COP28閣僚会合で、日本の大臣はまた、排出量に関する衛星データの提供や気象災害の早期警戒システムの導入支援など、途上国への援助パッケージを発表した。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.