タイ人男性、ハマスによる地下50日間の拘束を思い出す– Blogdogesso.com

268010

タイの農場労働者アヌチャ・アンゲーオさんは、10月7日午前7時30分ごろ、ガザ地区とのイスラエル国境にあるロケット弾から避難していた掩蔽壕からスクランブルで出てきたとき、イスラエル兵に会えると期待していた。 その代わりに、アヌチャさんとタイ人の同僚5人は10人の武装勢力に襲撃され、袖にあるパレスチナ国旗からハマスであることが判明した。

「私たちは『タイ、タイ』と叫びました」と、うっすらとしたヤギひげを生やした28歳のアヌチャさんは、穏やかな口調で語った。 「しかし、彼らは気にしませんでした。」 タイ人6人のうち2人は直後に殺害され、その中にはアヌチャさんによると、無作為の暴力行為で目の前で射殺されたという友人も含まれていた。 残りの人々はトラックに強制的に乗せられ、約30分間ガザに向かった。

アヌチャの一人称の証言は、多くの人質が耐えてきたこと、そして今も耐え続けている人質の一部を垣間見ることができる。 同氏は、砂の床で寝ていたことやハマスの捕虜による殴打について説明し、イスラエル人を特に残忍な扱いにさらしたと述べた。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.