シネマ・アット・シー・フェスティバルは多様性とまだ聞こえていない声を強調– Blogdogesso.com

268013

11月23日から29日まで沖縄県那覇市の会場で開催された第1回シネマ・アット・シー・フェスティバルでは、沖縄、日本、アジア太平洋地域、その他の地域の映画を集めた野心的で慎重に選ばれたプログラムが上映された。 第1回イベントのキーワードは「多様性」で、フェスティバルディレクターのファン・インユーと彼のプログラミングチームは、主要な映画制作センターを超えて、世界の映画界で過小評価されている場所や人々にまで手を広げた。

「私たちはフィクション賞とドキュメンタリー賞を別々に設けているわけではありません」とファン氏は、フェスティバルのメイン会場である那覇市の桜坂劇場でのインタビューで語った。 「理由の一つは、多くの島でフィクション映画がほとんど作られていないことです。 また、多くの島には少数民族が住んでおり、映画で彼らの声を聞く機会があまりありません。 彼らにとっては、ドキュメンタリーから始める方が簡単です。 したがって、それらを含めることは私たちにとって非常に重要です。 ドキュメンタリーのバックグラウンドを持つ人間として、私は映画は映画だと信じています。」

この番組編成方針の一例は、パナマのサンブラス諸島に住む先住民族クナ族についての、彼らについての複雑な感情を調査し​​たスイス・パナマ人監督アンドレス・ペイローのドキュメンタリー「神は女だ」である。このドキュメンタリーは、1975 年に高評価を得た彼らについて制作された未公開のドキュメンタリーである。フランスの映画監督ピエール=ドミニク・ガソー。 ペイロがインタビューしたクナ族の長老たちは、ガイソーの滞在と、彼らの文化に対する彼のエキゾチックなアプローチを、懐かしさと批判が入り混じった形で回想している。 しかし、ガソーがこの映画を撮影してから 40 年後、ようやく公開上映でこの映画のプリントを見たとき、彼らは自分自身だけでなく、遠い昔に亡くなった親戚を見たときの反応は、ただただ感動的でした。


Deixe um comentário

Esse site utiliza o Akismet para reduzir spam. Aprenda como seus dados de comentários são processados.